バーチャルオフィスのメリットは何

バーチャルオフィスを利用するメリットをまとめてみましたのでご紹介します。

都心の一等地の住所が使える

バーチャルオフィスの一番のメリットは都心の一等地の住所を使えることでしょう。
バーチャルオフィスを利用すれば設立したばかりしたばかりの会社であっても都心の住所が表示できます。
また規模の小さい会社であって資金的に余裕がなくても、都心の一等地の住所を名刺やホームページに記載することができます。
もちろん実際に事務所を構えるのは難しい場合がほとんどです。
東京都の中心地に住所があれば、事業にプラスの影響も多いでしょう。
例えば Web 制作をしている会社であれば、東京の会社であれば全国からの問い合わせや発注が来ることが期待できます。
山口県から青森の会社に Web 制作の発注をするというのは、普通に考えるとなかなか難しいかもしれません。

初期費用の削減ができる

初めて事務所を賃貸する場合に初期費用はかなりの負担になります。
特に敷金礼金が賃料の数ヶ月文もかかったり、保証金が必要になる場合もあります。
その場合は大きな出費となってしまいます。
毎月の賃料を基本として計算するので、立地が良ければ良いほど毎月の賃料も大きくなり出費はかなり重くなります。
例えば月の家賃が30万円の場合であれば、保証金が200万近くなることもあるわけです。
さらに内装工事などの費用がかかるとすると、非常に大きな金額がかかってしまいます。
バーチャルオフィスであれば敷金や礼金がかからず、入会金や毎月の費用も非常に少なくて済みます。
もちろん物理的にオフィスを構えるのではないので、内装工事などもしないですみます。

自宅住所で登記しないで済む

自宅の住所を法人登記するのに使う必要がありません。
特に女性経営者などの場合はプライバシーなどもありためらううのが一般的ではないでしょうか。
またマンションは契約で、法人登記が認められたいということもあるあります
バーチャルオフィスを利用すれば、自宅以外の住所で法人登記が可能になります。

便利なサービスを利用できる

バーチャルオフィスでは活動を行う上で基、本的な必要なものが用意されている場合が多くあります。
例えば 、
FAX。
来客のための受付要員。
外出中の電話の受付。
商談や打ち合わせのための会議室。
一般にバーチャルオフィスを使う人たちは、事務所にいる時間よりも外出している時間の方が圧倒的に多くなります。
そのような仕事の仕方であれば、無駄な設備や人材を常に用意しておく必要はありません。
必要な時に必要だけの料金を払って、利用するというのが賢い使い方でしょう。

Uncategorized
「レゾナンス」は名刺に都内の住所を使える?都内一等地のバーチャルオフィス!

コメント

タイトルとURLをコピーしました